初めての自分の部屋を自分好みの部屋に作り替えています

ビル

初めての一戸建て

反射するビル


私は今の家に住むまでアパートやマンション暮らしだったのですが、ついに一戸建ての家に住むことになりました。初めての一戸建てということで引越しが終わってすぐは、意味もなく一階や二階を行ったり来たりしていました。というのも今までは家の外に階段はあったものの家の中に階段があるということは一度もなかったからです。それが嬉しくて、つい意味もないのに一階二階を行き来したりしていたのです。
また私の部屋は二階に決まったため、家族団欒で過ごすとき以外は、ほとんど二階に陣取っています。私の部屋は運良く収納スペースが大きいため、すぐに使わないものはそこに入れているので、部屋が広々としています。以前の家だったら部屋のほとんどを荷物で占領されていましたが、今の家では広々とした空間を使うことができているので、この家を引っ越し先に選んでよかったなと感じます。
またちょっとした庭みたいなものもあるのですが、あまり広くはないものの一応家庭菜園ができるほどの広さはあるので、庭にある花壇に私は野菜を育てています。そうして今現在は家庭菜園やガーデニングを楽しんでいる真っ最中です。小さいながらも庭があり、土をいじるというのが今の私の楽しみです。

私が初めて自分の部屋を持つことができたのは、今現在住んでいる一戸建てに引っ越してきてからです。それまでは兄弟と共用の部屋だったので、自分の荷物以外に兄弟の荷物が置いてあり、部屋の半分は私の領域、もう半分が兄弟の領域といった具合でした。
なので自分ひとりだけの空間を初めて持つことができたときは、本当に嬉しかったです。ずっと兄弟と一緒ではない自分だけの部屋がほしかったので、恥ずかしながら大いにはしゃいでしまいました。本当ははしゃぐような年齢ではないので、後で思いだして赤面してしまいました。
自分だけの部屋ということで、自分が落ち着くような空間に変えようとインテリアをどういった配置にするかかなり悩みました。私自身の荷物はそれほど多くはなかったのですが、外で自分好みのインテリア用品や雑貨などを見つけると購入し、それをいかにして部屋に飾るかなどあれこれ考えながら少しずつ自分好みの部屋に作り変えています。
とにかく一番長くいる部屋なので、できるだけ自分の理想の部屋に近づけていきたいなと思っているのです。そうすると今でも十分楽しい我が家はより楽しくなることと思います。
そのためまだまだ自分の部屋を変えていきたいなと思っている私でした。


イチオシサイトリンク


TOP